六日町観光協会

南魚沼市のイベントカレンダー

詳細はこちら

石川雲蝶の作品鑑賞バスツアー開催中!

ちょっこっと浦佐!ショートコース!(2時間)

 旅行者のお客様によく聞かれる「あ〜電車まであと1,2時間あるよ〜、どこかいいとこない?」そんな”電車待ち”という田舎あるあるに悩む、浦佐駅からの旅行をお考えの皆さんに提案です!浦佐をちょこっと旅してみませんか!

星野 岳史

六日町観光協会スタッフ
星野 岳史

2019.10.22

①浦佐駅東口スタート

 JR浦佐駅は、JR上越線・JR上越新幹線の乗り入れがあるアクセスの良い駅です!冬はスキー客、夏は奥只見湖・尾瀬方面への新潟県側の玄関口として旅行客にも利用されています!

②田中角栄の銅像~昭和の偉人がお出迎え~

雪国らしく雪を避けるために屋根がついています!

 浦佐駅には、上越新幹線開通の功績を称え「田中角栄」の銅像が建てられたいます。昭和も歴史の教科書に載る時代になりました、電車の待ち時間等で「田中角栄」について調べてみるのもいいですね!(5分)

③八色の森公園・池田記念美術館でまったり~

 八色の森公園・池田記念美術館は、浦佐駅東口から約1km、歩いて15分の場所にあります。(1時間30分)

 八色の森公園は、越後三山を望み、魚野川と水無川の流れる自然豊かな八色原の一角に設けられた公園です。芝生広間や遊具でお子様と一緒に元気いっぱいに遊んだり、四季折々に変化する木々や美しい景色を見ながら公園内に整備されたウォーキングロードを散歩したり、子供から大人まで、みんなで楽しめる公園です!詳しい紹介はこちら!https://www.pref.niigata.lg.jp/site/minamiuonuma-miryoku/1289944938383.html

 ベースボール・マガジン社および恒文社の創設者で、野球殿堂入りした池田恒雄氏の尽力で建てられた美術館です。小泉八雲文学資料室 スポーツ文化展示室、小泉八雲文学資料室をはじめとした常設展示や地元美術家やゆかりの作家の展覧会など企画展も常時開催しています。八海山と駒ヶ岳を一望できる喫茶コーナーでは、小泉八雲が愛した味と香りを再現した「ラフカディオハーンコーヒー」を楽しむことができます!

詳しくはこちら!http://joshi-ryoku.jp/index.php?id=223

④あま〜い!ジェラートで一休み!

 浦佐のスイーツと言えば、「ジェラート工房ヤミー」のジェラートではないでしょうか!八色の森公園から歩いて2分、公園でアクティビティを楽しんだ後には、最高ですね!(15分)

詳しくはこちらを参考に!http://joshi-ryoku.jp/blog/?p=36984

⑤浦佐駅MYUで次の旅を!

 ゴールは浦佐駅に戻ります!浦佐駅には2019年9月にオープンしたばかりの観光案内所MYUがあります!落ち着いた雰囲気で広々とした休憩スペースも用意しております!

 観光案内所MYUでは、観光コンシェルジュの方々がいらっしゃいます。一つの旅を終えた後には次の南魚沼の旅をコンシェルジュに相談するのもいいですね!